北部九州記録的な豪雨 2017年7月8日

北部九州を襲った恐ろしい土砂災害にはただただ驚くばかり。大きな被害があった朝倉地区や東峰村にはつい先日6月14日に英彦山を訪れた時に往きも帰りも通ったばかりで、あの長閑な地区がテレビで映し出される悲惨な状況に見舞われているのがとても信じられない。
英彦山へ行くには今までは江川ダム沿いを走るのが常であったが、昨年より江川ダム沿いを避けて386号線バイパスを走り杷木IC入口先から52号線を走り東峰村を通って英彦山へ行くようになった。長閑な山村が続く風景は自分の感性とピッタリだった。
虫の知らせではないが低山の合間を走る道の途中で山の斜面が民家に迫る風景を見て、災害時に山崩落の心配は無いのだろうかと思うことがしばしばあった。なぜそう思うようになったかは定かではないがテレビ等で山村の災害報道を見てそれが脳裏に焼き付いていたのかもしれない。でもまさかあんな悲惨な災害になるとは・・・。
今現在も大雨警報等が出ていて気が抜けない状況が続くが一日も早い復興を祈るばかりです。

先日、奥さんが天神のデパ地下から買ってきた「赤花ノイバラ」 数日前に撮ったもので開いている花弁は散る寸前だが続く蕾が開き始めそうでこれからが楽しみ。

a0129233_16261034.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2017-07-08 17:25 | その他