紅葉の大船山

九州でも久住方面の紅葉が始まり、10月20日今年初の紅葉登山で久住の大船山へ行ってきました。
今日は単独です。

男池~ソババッケ~大戸越~段原~大船山の紅葉登山動画です。
   
朝8時に男池の駐車場に着いたら駐車場はがら空き。
登山準備中が2・3人といったところで、天気予報ではまぁまぁな予報が出ていた割りにはちょっとさびしい風景でした。2日前の日曜日は登山者で賑わったかと思います。
  
男池(8:10)~~ソババッケ(9:00)~大戸越(10:00)~段原(10:50)~大船山(11:10~12:25)~段原12:40)~大戸越(13:40)~ソババッケ(14:25)~男池(15:05)

               
男池付近は新緑の頃以来です。最初は濃い緑が残る樹林歩きでしたが、少しずつ淡い色の黄葉に変わっていきます。
私はここの樹林を歩くのがとても好きで、来る度にその美しい樹林を歩くのが楽しみです。
   
a0129233_12452948.jpg
 
   
a0129233_1246268.jpg
 
   
a0129233_12472047.jpg
 
   
ソババッケから大戸越の登りは傾斜を増し、岩のガレ場が多いので気を抜けませんし、このルートで最もきつい箇所でもあります。
そんな時、こんな箇所に出くわすと疲れも吹き飛びます。
中央の岩のガレ場が登山道です。帰り道は転倒に注意しなければなりません。
   
                                    ソババッケ~大戸越の登山道
a0129233_12481819.jpg

  
大戸越に着いても誰もいません。
ミヤマキリシマの時には休息する場所も無いくらいに賑わいますが、今日は嘘みたいです。
平冶岳も静かに体を休めているようす。
東側斜面は紅葉していますが、西側斜面は紅葉がありません。
東側斜面の紅葉がソババッケから見える紅葉です。
 
大戸越から大船山の斜面に取り付きます。
この登山道は前半は歩きも問題ないのですが、後半北大船山付近になるとミツバツツジ等の低潅木の枝に足元を痛めつけられます。
前回凧さんと歩いた時に凧さんはズボンを引っ掛けられて破られるし、私は買ったばかりのズボンの織り目をささくれ立つようにされました。安物で良かったんですが・・・・。
そんなのがあって、その後使用しなくなったそのズボンと上は使用しなくなったウェアで万全の態勢で挑みました。
しかし、脚はやっぱりやられました。今も膝から下が小さな傷でヒリヒリしています。
   
朝男池を出発する時は雲が垂れ込め風もあって、折角今日を選んで来たのにひょっとしたらツイてないな~と思いながら歩き始めましたが、ソババッケを過ぎた辺りから日が射し始め大戸越で空が見えた時にはすっかり晴れ渡っていました。
  
途中ですぐ隣の平冶を見ると登り登山道に2人が登っているのがわかりました。今頃平冶で珍しいな~と・・・それなのにこちらの登山道は1人ッきり。
   
                                      登山道から平冶をバックに   
a0129233_12493427.jpg

   
低潅木の足許攻撃に悩まされながらも北大船近くの平坦な歩きに入ると大船山が見えます。
山一体に紅く色づいているのがわかります。
山頂には大勢の登山者の姿が米粒大に見えます。疲れた脚も急に軽くなった感じ。
  
a0129233_12511454.jpg

  
大船山へ11時10分到着。男池よりちょうど3時間でした。
期待した通り御池の紅葉は見事でした。
山頂から御池の淵に下りてゆっくり腰をおろしてランチタイムと紅葉鑑賞。
一眼レフの撮影で4・5人くらい。その他休憩鑑賞の登山者が3,4人。
山頂は少し賑やかでしたが、ここは別天地のような静かさです。
    
a0129233_12521595.jpg

   
a0129233_125322.jpg

   
a0129233_1257399.jpg

   
a0129233_13384216.jpg

  
ぼんやり眺めていてふとここでスケッチが出来たら良いな~と。
皆んな撮影と鑑賞に夢中で、ここでスケッチをしても誰も気づくまいと思いましたが、スケッチブックは持ってきていません。
そうだ小さな手帳に描けるではないかとザックから手帳を取り出してチョコチョコッと・・・。
手帳が小さな掌サイズなのでメインの岩を描いたらもうスペースは残り僅か。
でもここで描いたということが嬉しかった。
左利きではありませんが、右手を使うと影が大きく入るし左手でシャッターは押し辛く、こんな格好になりました。
  
    
a0129233_13432374.jpg

   
                   もう少し鮮やかな色の紅葉なんですが・・・・(南東側斜面)
a0129233_13435149.jpg

  
                                            段原、米窪方面
a0129233_1344152.jpg

  
帰りの登山道で朝は眼にしなかったリンドウがいっぱい顔を出していました。
   
a0129233_13472639.jpg

  
15時5分男池到着。2時間40分の下山の旅でした。
殆んど一人歩きで、ソババッケで4・5人下から平冶の紅葉を撮るカメラマンと出逢っただけでした。
思う存分きれいな空気と紅葉と静かな樹林、静かな雰囲気を楽しみました。
 
a0129233_1737558.jpg

実物の方が岩の雰囲気が出ていると思うんですが・・・・。

北大船山から大戸越に下る途中で登山道に腰をおろして三俣山をスケッチしました。
麓の坊ヶツルがイマイチでしたのでそこをカットしたらやっと三俣山らしくなりました。
  
a0129233_0403985.jpg

  
こういう登山も良いね!!
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-21 16:11 |