浮力が出るスイミングパンツのその後 2017年45月1日

今日は浮力が出るスイミングパンツを使用しての3回目の泳ぎ。特にもの凄く泳ぎが良くなったとか変化したことは無いが気分的に余裕が出来たのか自分の泳ぎを若干変えてみた。ひとつはクロールの息継ぎを今までの1ストローク1ブレッシングを2ストローク1ブレッシングへ変えてみた。これかなり調子が良い。呼吸法が下手なのか1ストローク1ブレッシングだと充分に息を吐きださない内にストロークに入るのでその反動で充分に酸素が吸い込めなくて連続すると段々酸素不足をきたして距離が出せなくなる。
これを2ストローク1ブレッシングにして少しずつ息を吐きだしながら1ストローク目は息を吐きだし続けて2ストローク目で完全に吐き出せば酸素が自然にパッといっぱい入ってくる。酸素を充分補給すれば距離は伸びるしストロークの繫ぎめの顔は水中のままなので水の抵抗を減らすことが出来てスピードも速くなる。
もうひとつは背泳ぎ。背泳ぎが浮力が出るスイミングでは最も効果を感じている。自分の泳ぎが背泳ぎではバタ脚をあまり使わなかったので効果があったことは今までの泳ぎは脚が沈んでいたのかもしれない。脚が浮いたことによって自分の泳ぎを変えることが可能となった。
やったのは腕を上げる時にしっかり脇を締めてストロークするということだけ。これで水のキャッチがスムーズになった。今までもこのフォームを意識しながら泳いでいたが、なかなか連続で泳ぐことができずに、いつの間にかフォームを崩して泳いでいたように思う。
平泳ぎは逆にあまりこのパンツでは泳ぎたく無くなった(笑)生地が厚めのため肌に密着する度合いが今までのパンツに較べて弱く開脚時に瞬間的に水が入ってくるのに違和感がある。生地厚めということは重量が重いということで平泳ぎには逆効果かもしれない。
まだまだ改善の余地ありそうだからもうしばらくこのパンツでスイミングを楽しもう。
あッ、それとプールから帰ってきて洗面場で水に浸けていたらパンツが浮き上がっていた(笑)

[PR]

by tarohazuki8580 | 2017-05-01 23:09