2017年 05月 05日 ( 1 )

博多ドンタク港まつり 2017年5月3日

今年の博多ドンタク港まつりは終わった。3日の初日パレードは途中で激しい豪雨のような雨に見舞われ中止になった。パレードはずっと毎年街に出て見物してきたが今年はあの凄い人混みの中で立ち続けるのが億劫になってパレード見物はしないことにした。その代わり奥さんが博多検番の芸者さんの踊りを是非観たいというので、ゆっくり観れる九州電力本社ビル4階にある演舞会場へ出かけた。伝統の踊りや演舞が行われた中、時代は変わったな~と思わせるAKB48のようなグループの歌と踊りもあった。会場の殆んどが爺ちゃん・婆ちゃんばかり。雰囲気が全く違うだろし反応もさっぱりでさぞかし歌い難かっただろうと思った。こちらも年代が違い過ぎて退屈気味に会場の左右を見ると若い連中(多分、追っかけだろう)がいつの間にか増えて唄に合わせてリズムを取っている。カメラを構えるファンが何人も居た。大きな声で掛け声をしている若者も居る。この祭りもこれから少しづつ内容が変わっていくもんだろうな~と思った。でも何となく寂しい感じもした。
パレードを中止させた豪雨はこの会場に居る間に降った。後ろを振り返るとガラス越しに外の様子が見えて激しく降っているのが分かった。
結局、当日は博多検番の芸者さんの踊りは観られなかった。その中で最も爺ちゃん・婆ちゃんが盛り上がったのは宮崎からの「ひょっとこ踊り」であった。毎年パレードで見ていたがその顔の表情が面白い。会場の客席の中を練り歩くことで、その表情しぐさに大笑い。特に婆ちゃん連中が口を大きく開けて笑い転げる様には可笑しさが倍加。前の席の婆ちゃんは隣の席の知らない人の肩をたたいて笑っていた。爺ちゃん連中は少し引いていたかな~(笑)

[PR]

by tarohazuki8580 | 2017-05-05 22:02