2017年 05月 12日 ( 1 )

久し振りの水友と会う 2017年5月12日

今日は午前9時頃から天気は下り坂、11時頃にはドカンッと一発大きな雷。天気予報を聴いていると九州地方は午後から段々と雨脚がひどくなりそうな予報。何処にも行けないので久しぶりに午前中にスイミングへ行ってみることにした。平日の午前中は小学生、中学生はいないので泳ぎやすい。久しぶりの午前中だが泳いでいる人は常連さんが多い。
その中でもう半年以上も顔を合わせなかったIさんがニコニコ顔で迎えてくれた。Iさんと知り合ったのは歩行コースで少年時代の事をお互い語り合っているときにIさんの話を聞いていたらどうも同じ年代のように聞こえる。ッで尋ねてみたらやっぱり生まれは同じ年代だった。そして話が続くと何んと生年月日まで同じだった。それからIさんとは意気投合しプールで会うたびに話したり一緒に泳いでいた。
そのIさん、半年前くらいから急に姿が見えなくなった。個人タクシーをしてあって今はもっぱらお得意さんの電話の呼び出しで営業しているということだった。プールへ来るのはその呼び出しが比較的少ない時間帯に来ているということだったが、一、二度泳いでいるときにお客さんから呼び出しの連絡が来てスイミングを切り上げて営業へ出られることがあった。

結局Iさん、個人タクを廃業したということだった。
そのIさんにまつわる話を一つ。ちょうど知り合った頃新聞に南区で個人タクシーが事故を起こした記事が載った。住んでいるのは同じ南区、年もほぼ一緒、そして個人タクシー。自分はまさか事故を起こしたのはIさんではないだろうかと思って気になった。しかし、プールでなかなかIさんと出会わない。やっぱり・・・(笑)
それから一週間くらい経ってようやくIさんの姿をプールで発見。ニコニコ顔で知り合いの水友と談笑しているところだった。それを見て事故を起こした数日後でもニコニコ顔で居られるる筈がないと当事者がIさんではないことを確信。Iさんにそのことを話してお互い大笑い。Iさん、事故のことは知ってあったけど組合が違うようで当事者は知らないということだった。

今日はまたの再開を誓って別れた。

[PR]

by tarohazuki8580 | 2017-05-12 21:20