暑い暑い・・・熱いッ 2017年7月17日

毎日うだるような猛暑日の連続で外に出る気力も失せ連日家の中で夏眠を貪っている。自分でもこのままではダメだとは分かっているのだが・・・この暑さ(熱さ)には対処のしようがない。それに先日ちょっとした不注意で歩道際のポールに車のドアをチョイ当てして修理へ出しここ暫く車無しになりスイミングにも行けない。そんなこんなで毎日ぼーッとしていると何の気力も出ずこのまま廃人になりそう・・・な気がする。こういうのを生活不活発病というらしい。

ところで先日山用のザックを全部処分してしまった。山の思い出がいっぱい詰まったものだったが昨年から山歩きのスタイルを少し変えてピークハントよりも山野草の花(雑草の花に近いが)を撮りながらのんびり歩くのが主になったので、今はピクニック歩き程度に使う小さなザックにカメラを担いで歩くスタイルになった。
しかしこのザックだと重い荷物には強度にちょっと心もとない。通販のネットでいろいろカメラバックを物色して最後の最後に目に留まったのが下の画像のザック。上下2層で夫々上下10Lの収納で計20L。この画像では下の層にレンズ付きの状態でカメラを2台楽々と収納できる。

         下の層にレンズ付きのカメラ2台

a0129233_16060270.jpg




上の10Lの層でタオル、弁当等の小物が楽に収納できる。この画像ではサンドイッチ、おにぎり、野菜ジュース等を入れた保冷剤入りのボックスを入れても未だ収納力充分にある。雪山以外ではこのザックだけでカメラを抱えて楽しく歩けそうだ・・・・ッがこの暑さで未だ出番の機会が無い。

         上の層でタオル、弁当類などの小物入れに使用

a0129233_16062452.jpg



[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-17 20:47

北部九州記録的な豪雨 2017年7月8日

北部九州を襲った恐ろしい土砂災害にはただただ驚くばかり。大きな被害があった朝倉地区や東峰村にはつい先日6月14日に英彦山を訪れた時に往きも帰りも通ったばかりで、あの長閑な地区がテレビで映し出される悲惨な状況に見舞われているのがとても信じられない。
英彦山へ行くには今までは江川ダム沿いを走るのが常であったが、昨年より江川ダム沿いを避けて386号線バイパスを走り杷木IC入口先から52号線を走り東峰村を通って英彦山へ行くようになった。長閑な山村が続く風景は自分の感性とピッタリだった。
虫の知らせではないが低山の合間を走る道の途中で山の斜面が民家に迫る風景を見て、災害時に山崩落の心配は無いのだろうかと思うことがしばしばあった。なぜそう思うようになったかは定かではないがテレビ等で山村の災害報道を見てそれが脳裏に焼き付いていたのかもしれない。でもまさかあんな悲惨な災害になるとは・・・。
今現在も大雨警報等が出ていて気が抜けない状況が続くが一日も早い復興を祈るばかりです。

先日、奥さんが天神のデパ地下から買ってきた「赤花ノイバラ」 数日前に撮ったもので開いている花弁は散る寸前だが続く蕾が開き始めそうでこれからが楽しみ。

a0129233_16261034.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-08 17:25 | その他

久しぶりの九重・坊ガツル 2017年7月2日

一昨日2日に身内のT.S君の声かけで九重・坊ガツルへ花散策へ行ってきた。久しぶりの九重である。調べたら一昨年の8月に風来坊さんと平治岳と坊ガツルを歩いているので約2年振りの九重となった。その時の坊ガツルはシラヒゲソウを見つけるのが目的のひとつだったがシラヒゲソウには未だ早い。今頃の坊ガツルには何の花が開いているのか皆目分からないが坊ガツルの花散策というだけで心は踊る。
歩き始めは・・・これも何年振りかの吉部からの歩き。以前ここの駐車料は千円だったと思うが今は300円になっていた。当然だと思う。
今はミヤマキリシマが終わった頃、しかも九州に台風が接近して来ているのでお天気状況もよろしくない。そんなこんなで日曜日にもかかわらず駐車する車は7,8台のみ。
往路はゲート先の平治岳西側を歩いて林道と合流し坊ガツルへの道を歩いた。このルートはアップダウンが少なく緑多いルートでとても歩き易かった。
林道が終わるとその先方に拡がる九重連山と緑に覆われた坊ガツルの風景は素晴らしかった。
期待していた花はヒメジョオン、アザミ、イブキトラノオが主で目新しい花には出会えなかった。ヒメジョオンは近郊で見飽きるくらいに日頃見ているが、その花の多さには驚いた。何処を歩いてもヒメジョオンばかりでうんざり。しかし、美しい九重の山々をバックにして撮ればこれも乙なものと気分を入れ替えてバシャバシャとシャッターを押した。

坊ガツルへ着いたのが午前10時半頃。この頃は西の方から雨雲がゆっくりとやって来ていた。

a0129233_20371926.jpg





その後、ポツンと雨が落ちてきて見上がると厚い雲。急いでカメラを片付けて帰り準備OKと思ったら急に周囲が明るくなった。え~ッ?と見上げるとあのどんよりとしていた空に晴れ間が現れている。信じられないほんの一瞬の出来事だった。坊ガツルのの草原を歩いて帰る途中、もう一度振り返ると緑に覆われた九重連山と坊ガツルの風景に暫く見惚れた。花の収穫はなかったがこの素晴らしい風景が最大の収穫だった。

a0129233_20382978.jpg




帰りは暮雨ノ滝へのルートを歩いた。暮雨ノ滝へのアップダウンが最もきつい歩きだった(笑)
シャッター速度をいろいろ変えて撮ったが、これが最も滝らしく水しぶきを感じる画像に撮れたかな~?

a0129233_20390496.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-04 22:05 |

梅雨の合間の花畑園芸公園 2017年6月30日

梅雨入り宣言されてもう幾日も経つが九州北部には目立った雨が降らない。九州南部や北陸地方には災害をもたらすようなところもあるのに・・・全国平均的に降ってほしいものだ。そろそろ新聞やテレビでダムの貯水率の状況が報道され始めた。
喉元過ぎてしまったが以前の福岡地方の水飢饉を思い出させる。もうあの水不足の経験は二度と経験したくないがこればかりは自然の神様に適当な量の雨をお願いするばかりである。
はっきりしない天気が続く中で昨日は天気の晴れ間をぬって近くの花畑園芸公園へ出かけてみた。園芸公園は案の定休園に近い雰囲気。駐車場の車は2台。園内を歩いても誰一人とも出くわさない。今の時期、花も少ない。


    バラはそろそろ枯れかかったのが多いかなと思ったが意外と別嬪さんが多かった。

a0129233_16550234.jpg




前々日の夜から前日の朝にかけて少し雨が降ったのでアジサイも一息ついたような感じ。やっぱりアジサイは雨でしっとりした感じの時が最も似合っている。
ところでこの画像はもうひとつのブログでは手前のアジサイに焦点を当てたのをアップした。この画像は離れた方のに焦点を当ててみた。どちらの画像が好みですか?

a0129233_16554710.jpg



今は何処もヒメジョオンがところ狭しといっぱい咲いている。咲き始めの頃は季節を感じてよかったがこうもはびこるように咲くと少しうさん臭さを感じるようになる。花が少ない今時は小さな蝶がいっぱいこの花を求めて飛び交っていた。

a0129233_16561968.jpg




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-01 17:29 | その他

梅雨時の大宰府政庁跡地・観世音寺界隈の散策 2017年6月23日(22日撮影)

梅雨入り宣言がなされてもう幾日か経つが宣言以降なかなか降らない。やっと前々日の夕方から前日の朝にかけて雨が降った。しかしジョウロで撒くようなお湿り程度。当日も雨は降りそうにない。・・・しかし降って無いよりも少しはアジサイをはじめ花たちには生気を取り戻す力になっただろうと未だアジサイを観ていない大宰府政庁跡地周辺の花を愛でに行くことにした。
大宰府政庁跡地のアジサイはもう盛りを過ぎようとしていた。特に梅園がある裏側のアジサイはカメラに撮っても活き活きとした色には写らない。ここは木立が全く無くアジサイ全部が太陽の日差しからノーガード。こんなにカラカラの天気ではせっかくの色も褪せてしまう。色褪せた大きなアジサイ群を見て気の毒に思った。

下の画像は南側入口周辺の比較的元気なのをマクロで撮ってみた。

a0129233_17431041.jpg





政庁跡地から坂本八幡宮を過ぎて四王寺山登山道入口周辺の畑地へ行ってみた。この付近は雑草の花が沢山咲くお気に入りの場所。しかし今時分は雑草の花もお休み状態。春には色んな雑草の花で賑わった畑地も寂しくなっている。雑草群を下から覗けるお気に入りの撮影ポイントは猪除けの金網の柵に遮られてこれ以上近づけず、こんな感じで黄色い小さな花が寂しげに咲いていた。
今日は90mmマクロレンズのみ。180mmだったらもう少しマクロに撮れたかも。

a0129233_17441727.jpg





畑地は寂しいと入力したがハルジョオンだけは元気に伸び伸びと今の季節を謳歌しているように見えた。名は知らないが小さな蝶がいっぱい飛び交っていた。

a0129233_17435133.jpg





畑地から民家庭先の花々を鑑賞しながら観世音寺へ向かった。観世音寺のアジサイは周囲の大きな木立に守られて梅雨時のアジサイらしい雰囲気を醸し出していた。政庁跡地のアジサイとはまた少し雰囲気が違っている。しばらく落ち着いた雰囲気に浸りながら鑑賞を続ける。

a0129233_17445906.jpg





中でも鮮やかな紫色のアジサイには眼を惹かれた。

a0129233_17452363.jpg





[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-23 18:35 | その他

我が家のセントポーリア 2017年6月21日

福岡地方はすでに梅雨入り宣言しているがなかなか雨が降らず、昨日夕方からぼちぼち降り始め今朝も朝方お湿り程度の雨。現在昼時を過ぎたが雨があがって陽が差しそうな気配。九州南部の雨を少し北部にも分けて欲しいものだ。


      またまた開き始めた我が家のセントポーリア

a0129233_12190932.jpg





a0129233_12192967.jpg



[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-21 12:36

花畑園芸公園 2017年6月18日(17日撮影)

花畑園芸公園へ180mmマクロレンズを提げて花散策へ出かけた。レンズが大きくて重量がなかなかなのでブレ防止に一脚同伴。前回の英彦山では90mmレンズを携行した。ザックには一脚を差し込んでいたが溶岩の壁でオオヤマレンゲを見れたときは一脚をザックから外して使う余裕が無くそのままレンズを向けて撮ったら心臓の鼓動がもろにレンズに伝わって最初の10枚くらいは大ブレの画像だらけ。結果的には一脚を使うことはなくその後は心臓も落ち着いて平静に撮れた。
ッということで今日は一脚の使用と180mmマクロレンズの練習を兼ねた花散策。

バラは全体的にピークを過ぎようとしている時期で花弁の端が茶色化した花が見受けられる。

a0129233_22090099.jpg



アジサイは雨が降らないので何となく生気が感じられない。やっぱりアジサイは雨が降る時の鑑賞でないとピタッと来ない。予報では火曜日から天気は下り坂。期待したいところだ。

a0129233_22092310.jpg



[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-18 22:47

英彦山のオオヤマレンゲ 2017年6月14日

14日は昨年11月以来久しぶりの英彦山を訪れた。勿論今時はオオヤマレンゲが主目的。自分が知る限りではオオヤマレンゲが咲く箇所は5ヶ所。欲張りな気持ちで山友さん達のブログをあれこれ見比べながら全ての箇所で均等に観れる日を検討。今年は少し例年よりも遅いように感じたので昨年10日だったのを今年は14日に歩くことにした。結果は毎年同じことの繰り返しだが場所や標高の違いがあり全て同じ状態で観れることは難しい。場所によってはすでに茶色化したものが相当含まれる樹もあった。
幸いにも今年は全部の樹でオオヤマレンゲを観れた。空振りが多かった中岳下の岩の隙間の箇所にも蕾が多かったけどちゃんと咲いていた。
画像のオオヤマレンゲは溶岩の壁で撮った画像。花数はそれほどなかったが登山道側から手短に撮れるのが多かった。

a0129233_16410687.jpg





ベニドウダンは北岳から下りた直ぐ近くに見事なのを例年観てきたので今年もと思ったら姿がなかった。それでも中岳下の岩場に入ったらベニドウダンがいっぱい。

a0129233_16414321.jpg




オオヤマレンゲばかりに気が行くがこのブナ林の景色も今時の英彦山訪問の楽しみのひとつ。いつ見ても美しい景色に今日は行者堂のオオヤマレンゲの帰りにはまたまた中岳へ戻ってこの景色を眺めながら豊前坊へ戻った。英彦山のブログでこのブナ林がアップされているのは少ないような気がする。こんなに美しいのにな~!!

a0129233_16421357.jpg

先ほど高校時代の友人からメールが入り、夫婦で英彦山に登ったとか。友人は12時半頃オオヤマレンゲを鑑賞しながら昼食だった様だが自分は中岳で昼食をとって豊前坊へ下り始めたのが12時35分。微妙な時間差だが友人は北西尾根で下りたようだから出会えなかったようだ。少しでも歩くコースがダブれば出会えたかもしれない(残念)




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-16 18:46 | 山関連