秋の花の季節 2017年9月23日

やっと涼しい季節を迎えた。野山の花は今どうなっているか最近殆んど野山を歩いていないのでさっぱり分からない。そろそろ自分も花鑑賞歩きを始めたいところ。
今回は昨日奥さんが天神デパ地下で仕入れてきた「酔白ハシカンボク」をアップ。花弁がとても小さく全体像を撮るのが難しい。

酷暑のせいか室内の観葉植物の花芽が全部落ちてしまった。来季花が出てくるかどうか??(恐らくダメかも)だが再び芽が出てくることに望みを繋ごう。

a0129233_12141051.jpg



a0129233_12144511.jpg





     前の公園で彼岸花が咲いている。棚田で撮れればもっと楽しいかも・・・。

a0129233_12150815.jpg



a0129233_12154382.jpg




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-09-23 12:35 | その他

福岡の海は美しい 2017年9月4日

    昨日9月4日福岡アジア美術館での第2回「美しき福岡の海中写真展」を観てきた。

a0129233_15581032.jpg



福岡の海中写真を見るのは初めてだったので福岡近辺の海でいろんな珍しい海の生物が生息しているのに驚いた。撮影場所は志賀島、小呂島、恋の浦、沖の島が殆んどだった。志賀島はよく訪れるが今まで何となく眺めていた海も海中ではこんなに素晴らしい世界が拡がっているんだと、今後は心して歩かなければならないと思った。

a0129233_15583845.jpg





雑草の花撮影を始めて間もない自分にとってはただただ写真の美しさに見入るばかり。使用されるカメラも展示されていたが特殊撮影機材ばかりで、自分の持ってるカメラの何十倍いや何百倍の価格かな~? 期間は9月5日まで・・・あれッ今日までだったのだ。

a0129233_15591531.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-09-05 16:23

岩合光昭写真展 2017年8月8日

テレビでおなじみの岩合光昭さんの「ネコライオン」写真展が8日より21日まで福岡三越9階「三越ギャラリー」で開かれています。早速初日の昨日8日行ってきました。
ネコは小さなライオンだった。ライオンは大きなネコだった。なかなか的を得た標題だった。

a0129233_21454475.jpg




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-08-09 21:47 | その他

井原山水無道オオキツネノカミソリ 2017年8月1日

8月1日は気になっていた井原山水無道のオオキツネノカミソリ鑑賞へ行ってきた。花は見頃だったが欲を言うと以前よりも年々花の密度が少し寂しくなっているように感じる。以前はもっと山斜面がオレンジ色でびっしり埋め尽くされるような圧倒感を感じられたのだが・・・。特にここ数年は何となくこんな筈ではないんだがといった感じが強かった。それに比べれば今年は少し以前の盛況さに戻りつつあるかな~といった感じだった。

a0129233_15534727.jpg




a0129233_15542631.jpg




最近は雑草の花撮りばかりで山のピークを踏むことが少なくなっている。この日オオキツネノカミソリ鑑賞だけで急登取り付きがある通称「日本庭園」まで歩いて引き返す予定で歩いた。しかし、汗はびっしょりかくものの思っていたよりも涼しく、引き返すには時間が早すぎ氷を含めた飲料も未だたっぷり。気力も十分。
取り付きから山頂まで30分。30分頑張れば山頂だと思い切って山頂を目指した。日本庭園までは何人もの登山者とたどり着いたが急登に取り付いて気が付いたら急登を登るのは私一人だった。久しぶりのクライミングらしき歩きで苦しかったが何よりも涼しい風が急登を吹き抜けて大変有難かった。
やっと急登を登り詰めたら今度は山頂までのササの藪漕ぎ。ちょうど先日藪漕ぎでのダニの被害のブログを見ていたので気になって足早に通りに抜けた。一端山頂が望める平坦地に着き山頂を見上げたらガスがかかってぼんやり。山頂では360度の景色が何も見えないので20分ほど昼食をして下山。再び先ほどの地点で山頂を振り返ったらもっと濃いいガスで覆われていた。下界では酷暑続きで陽射しが凄いが山頂ではこんな感じ。帰りに車から山頂が望めるところで見上げたら相変わらず山頂だけがガスですっぽり覆われていた。

a0129233_15551089.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-08-02 16:40 | 山関連

今朝の新聞、スポーツ地方版で・・・・ 1972年7月23日

この暑い暑い夏が続く中、高校生の夏のスポーツは相変わらずヒートアップで羨ましい限りだ。夏の高校野球甲子園出場校も全国各地で熱戦が繰り広げられている。福岡県大会もほぼ強豪校が出揃った。頂点を極めるのは何処の学校になるだろう。
柔道の金鷲旗高校柔道大会も今福岡で熱戦が繰り広げられている。今朝の地方紙の朝刊で熱戦の経緯が詳しく掲載されていた。そういえば甥の長女が高校に入って柔道をはじめたとその祖母から以前聞いたことがある。中学時代はソフトテニスをしていたのに何故か高校に入って柔道を始めたとか。身長は170センチを超えたが横がヒョロキョロでどうなることやらと祖母は笑っていた。こんなことを思い出してもしかしたら試合に出ているんではないかと思い小さな活字を拾ったらちゃんと苗字だけだが名前が出ていた。結果は1回戦では不戦を残して勝ち進んだものの2回戦は大阪の高校と対戦し健闘したが惜しくも僅差で敗れたようだ。暑い夏が終わってこれから受験準備かな~?
甥は国内でずっと単身赴任が続き今はドイツに単身赴任中らしい。見れなかった試合の結果は即父親に届いているに違いない。

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-24 00:16 | その他

暑い暑い・・・熱いッ 2017年7月17日

毎日うだるような猛暑日の連続で外に出る気力も失せ連日家の中で夏眠を貪っている。自分でもこのままではダメだとは分かっているのだが・・・この暑さ(熱さ)には対処のしようがない。それに先日ちょっとした不注意で歩道際のポールに車のドアをチョイ当てして修理へ出しここ暫く車無しになりスイミングにも行けない。そんなこんなで毎日ぼーッとしていると何の気力も出ずこのまま廃人になりそう・・・な気がする。こういうのを生活不活発病というらしい。

ところで先日山用のザックを全部処分してしまった。山の思い出がいっぱい詰まったものだったが昨年から山歩きのスタイルを少し変えてピークハントよりも山野草の花(雑草の花に近いが)を撮りながらのんびり歩くのが主になったので、今はピクニック歩き程度に使う小さなザックにカメラを担いで歩くスタイルになった。
しかしこのザックだと重い荷物には強度にちょっと心もとない。通販のネットでいろいろカメラバックを物色して最後の最後に目に留まったのが下の画像のザック。上下2層で夫々上下10Lの収納で計20L。この画像では下の層にレンズ付きの状態でカメラを2台楽々と収納できる。

         下の層にレンズ付きのカメラ2台

a0129233_16060270.jpg




上の10Lの層でタオル、弁当等の小物が楽に収納できる。この画像ではサンドイッチ、おにぎり、野菜ジュース等を入れた保冷剤入りのボックスを入れても未だ収納力充分にある。雪山以外ではこのザックだけでカメラを抱えて楽しく歩けそうだ・・・・ッがこの暑さで未だ出番の機会が無い。

         上の層でタオル、弁当類などの小物入れに使用

a0129233_16062452.jpg



[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-17 20:47

北部九州記録的な豪雨 2017年7月8日

北部九州を襲った恐ろしい土砂災害にはただただ驚くばかり。大きな被害があった朝倉地区や東峰村にはつい先日6月14日に英彦山を訪れた時に往きも帰りも通ったばかりで、あの長閑な地区がテレビで映し出される悲惨な状況に見舞われているのがとても信じられない。
英彦山へ行くには今までは江川ダム沿いを走るのが常であったが、昨年より江川ダム沿いを避けて386号線バイパスを走り杷木IC入口先から52号線を走り東峰村を通って英彦山へ行くようになった。長閑な山村が続く風景は自分の感性とピッタリだった。
虫の知らせではないが低山の合間を走る道の途中で山の斜面が民家に迫る風景を見て、災害時に山崩落の心配は無いのだろうかと思うことがしばしばあった。なぜそう思うようになったかは定かではないがテレビ等で山村の災害報道を見てそれが脳裏に焼き付いていたのかもしれない。でもまさかあんな悲惨な災害になるとは・・・。
今現在も大雨警報等が出ていて気が抜けない状況が続くが一日も早い復興を祈るばかりです。

先日、奥さんが天神のデパ地下から買ってきた「赤花ノイバラ」 数日前に撮ったもので開いている花弁は散る寸前だが続く蕾が開き始めそうでこれからが楽しみ。

a0129233_16261034.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-08 17:25 | その他

久しぶりの九重・坊ガツル 2017年7月2日

一昨日2日に身内のT.S君の声かけで九重・坊ガツルへ花散策へ行ってきた。久しぶりの九重である。調べたら一昨年の8月に風来坊さんと平治岳と坊ガツルを歩いているので約2年振りの九重となった。その時の坊ガツルはシラヒゲソウを見つけるのが目的のひとつだったがシラヒゲソウには未だ早い。今頃の坊ガツルには何の花が開いているのか皆目分からないが坊ガツルの花散策というだけで心は踊る。
歩き始めは・・・これも何年振りかの吉部からの歩き。以前ここの駐車料は千円だったと思うが今は300円になっていた。当然だと思う。
今はミヤマキリシマが終わった頃、しかも九州に台風が接近して来ているのでお天気状況もよろしくない。そんなこんなで日曜日にもかかわらず駐車する車は7,8台のみ。
往路はゲート先の平治岳西側を歩いて林道と合流し坊ガツルへの道を歩いた。このルートはアップダウンが少なく緑多いルートでとても歩き易かった。
林道が終わるとその先方に拡がる九重連山と緑に覆われた坊ガツルの風景は素晴らしかった。
期待していた花はヒメジョオン、アザミ、イブキトラノオが主で目新しい花には出会えなかった。ヒメジョオンは近郊で見飽きるくらいに日頃見ているが、その花の多さには驚いた。何処を歩いてもヒメジョオンばかりでうんざり。しかし、美しい九重の山々をバックにして撮ればこれも乙なものと気分を入れ替えてバシャバシャとシャッターを押した。

坊ガツルへ着いたのが午前10時半頃。この頃は西の方から雨雲がゆっくりとやって来ていた。

a0129233_20371926.jpg





その後、ポツンと雨が落ちてきて見上がると厚い雲。急いでカメラを片付けて帰り準備OKと思ったら急に周囲が明るくなった。え~ッ?と見上げるとあのどんよりとしていた空に晴れ間が現れている。信じられないほんの一瞬の出来事だった。坊ガツルのの草原を歩いて帰る途中、もう一度振り返ると緑に覆われた九重連山と坊ガツルの風景に暫く見惚れた。花の収穫はなかったがこの素晴らしい風景が最大の収穫だった。

a0129233_20382978.jpg




帰りは暮雨ノ滝へのルートを歩いた。暮雨ノ滝へのアップダウンが最もきつい歩きだった(笑)
シャッター速度をいろいろ変えて撮ったが、これが最も滝らしく水しぶきを感じる画像に撮れたかな~?

a0129233_20390496.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-07-04 22:05 |