宝満山~三郡山縦走

10月30日、久し振りに宝満山~三郡山を往復縦走してきました。
前日にシェルパで冬用にと登山靴を購入し、今日はその慣らしも兼ねての歩きです。
  
竈門神社駐車場に着いていざオニューの登山靴に履き替えようとしたら、登山用の靴下がありません。
仕方なく普段の靴下のままで履きましたが、今までのサイズより5ミリ大きくしたので靴がガポガポです。
これでは登れても宝満山止まりのつもりで歩き始めました。
  
竈門神社登山口までどうも違和感があってしっくり歩けません。歩いて10分も経たないのに紐が解けてしまいます。今までの紐が平べったいやつで、今回のは丸い紐です。
テレビであった田部井さんの最初に紐を二重にクルクルとまいて結びましたが、これも10分と経たないうちに解けてしまいます。
今度はシェルパの店長から習った蝶結びの最後にクルクルと二重に巻いて結んだら、これがしっかりと固定して以後解けることはありませんでした。
  
以後、あんなにガボガボに感じていたのが、全く嘘のように靴がぴったりと足に馴染んで違和感を感じなくなりました。
これでは好きな三郡縦走路を歩いて行けるかと確信しましたので、そのまま三郡山の往復縦走をしました。
   
今日は登山靴の初おろしで試しのつもりで登りましたので、宝満の紅葉のことなどは全く頭に入っていませんでした。
中宮を過ぎて進むと素晴らしい紅葉が眼に飛び込んできます。
何時も岩場の歩きを楽しむ8合目・9合目は足許ばかり気にして登っていましたが、今回は見上げる先には美しい黄葉の連続です。
九重や阿蘇の紅葉ばかり考えていましたが、宝満でも紅葉はこんなに進んでいました。
   
8~9合目付近の黄葉です。
a0129233_23505347.jpga0129233_23511994.jpg


   
8~9合目の平坦な岩場があり少しホッとする箇所がありますが、ここは何となく足早に通りすぎる箇所です。しかし今日は素晴らしい紅葉が迎えてくれました。
毎年綺麗に紅葉する場所ですが、今年は格別なものに感じました。   
a0129233_2352587.jpg

  
宝満山頂で仏頂山方面の紅葉を楽しみながらランチタイム。
ランチタイム後、北側鎖場を降りて三郡縦走路へ入りました。
北側鎖場にステンレス製の梯子が設置されていましたが、岩の高さよりもかなり高い梯子で、かえって不安定で余計な感じがしたのは私だけでしょうか。

以後、三郡縦走路に入って紅葉・黄葉を愛でながら歩きました。
何時もながら宝満山までは登山者でいっぱいでした。小学校の遠足も来ていました。
しかし、いったん縦走路に入ると登山者の姿はピタッと消えます。
   
三郡縦走路の歩きはもともと好きで、特にブナの樹林を眺めながら歩くのが大きな喜びです。
とても綺麗でしたね~。金山のブナの樹林帯も素晴らしいですが、ここのも負けず劣らずと言ったところです。ただ金山と違うところは金山はミヤコササの林床があって、ブナ林との調和が素晴らしいです。
ここではミヤコササに代わって落ち始めた落ち葉がその役目をしています。落ち葉の絨毯とはまだまだ言えませんがサクサク踏みしめて歩くのはとても気持ちよかったです。
   
九重や阿蘇の紅葉見物と違うところは、遠くから眺めて感動するのではなく直接紅葉を間近に触れながら鑑賞できることです。
   
以下、三郡縦走路での紅葉です。
a0129233_23534466.jpga0129233_23545459.jpg

   
a0129233_235621100.jpga0129233_23564345.jpg

   
a0129233_23573364.jpga0129233_23595299.jpg



これは頭巾山周辺の紅葉です。
a0129233_004811.jpg

    
私が好きな縦走路の或るポイントです。
少し進めば長崎鼻です。
a0129233_01349.jpg

  
冬の積雪の時はここからの白く積もった縦走路がHPでよくアップされます。
頭上の紅葉が素晴らしいものでした。 
a0129233_023891.jpg

  
三郡山よりの樹林です。紅葉・黄葉入り混じっての風景は何とも言えません。
a0129233_033492.jpg

   
何時も静かな三郡縦走路ですが、三郡からの帰りにこんな集団と出逢いました。
何人居たんでしょうか。撮り始めは集団の四分の一くらい通過した後から撮り始めましたので、私の感じでは100人前後居たんではないでしょうか。警察学校の研修かな~?
動画を止めてからも集団が続きました。
その時の動画です。
元気よく挨拶されると気持ち良いですね。
   
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-31 00:07 |

もう一つの紅葉の三俣山

10月24日、三俣山の紅葉登山でした。
大曲の駐車場は狭くて、この時期はとても駐車は望めません。
朝8時20分頃着くと道路沿いの路上駐車は延々と続いていました。
  
登山者が多く前を見ても後ろを振り返っても登山者の列が車と同様続きました。
  
しかし、紅葉はとても感動的でした。
  
特に北峰から大鍋側の斜面は真っ赤に燃えていました。 
a0129233_14591919.jpg

  
お鉢巡りはやったことがあるものの、鍋に降りたことがありません。
今回初めて大鍋に降りることができました。 
a0129233_1513348.jpg

  
大鍋に降り立った時の画像です。これも感動しました。
来れてよかった!! 
a0129233_1522965.jpg

  
大鍋から登山道へ戻り南峰へ引き返そうとしたら、大鍋で出逢った肉まんさんの山友さんから紅葉の素晴らしいビューポイントがあるからと教えて頂きました。
そこから小鍋が眼前に見え、紅葉が素晴らしかった。
  
       ビューポイントから紅葉を撮るのどかさん
a0129233_1532113.jpg

  
ビューポイントから撮った小鍋
a0129233_154974.jpg

  
今日も嬉しい出逢いがありました。
  
        西峰からⅣ峰の途中で前方で大きく手を振る登山者が眼に入りました。
        いーさんです。
a0129233_15516.jpg

  
        下山で大曲の登山口へ近づいた頃、下から登山者が現れました。
        「お~ッ!!」登山者が叫ぶと同時に私も「お~ッ!!」と
        叫んでしまいました。
        なんと前に居るのは凧さんではありませんか。びっくりです。
        勤務を終わっての三俣です。午後3時過ぎでした        
a0129233_1555435.jpg

   
その他、のどかさん、かずさんは以前出逢ったことがある登山者と久し振りの再会のようでした。
肉まんさんは山の会の方達との、これも久し振りの再会のようです。
  
今日私達より早く入山して9時頃鍋に居ると連絡がついたとしやんさんとあっぷるさん夫妻には出逢えないままで終わりました。
  
   
何時も楽しい話題を振りまいてくれるかずさん。
今日はこんなポーズで・・・・。
ちょっといたずらして、かずさんだけのポーズをスキミングして画像を送ってあげました。
どんな印象だったでしょうか~?(笑)
a0129233_1621342.jpga0129233_163611.jpg
                                                  

三俣山紅葉登山の動画もどうぞ

[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-26 16:05 |

紅葉の大船山

九州でも久住方面の紅葉が始まり、10月20日今年初の紅葉登山で久住の大船山へ行ってきました。
今日は単独です。

男池~ソババッケ~大戸越~段原~大船山の紅葉登山動画です。
   
朝8時に男池の駐車場に着いたら駐車場はがら空き。
登山準備中が2・3人といったところで、天気予報ではまぁまぁな予報が出ていた割りにはちょっとさびしい風景でした。2日前の日曜日は登山者で賑わったかと思います。
  
男池(8:10)~~ソババッケ(9:00)~大戸越(10:00)~段原(10:50)~大船山(11:10~12:25)~段原12:40)~大戸越(13:40)~ソババッケ(14:25)~男池(15:05)

               
男池付近は新緑の頃以来です。最初は濃い緑が残る樹林歩きでしたが、少しずつ淡い色の黄葉に変わっていきます。
私はここの樹林を歩くのがとても好きで、来る度にその美しい樹林を歩くのが楽しみです。
   
a0129233_12452948.jpg
 
   
a0129233_1246268.jpg
 
   
a0129233_12472047.jpg
 
   
ソババッケから大戸越の登りは傾斜を増し、岩のガレ場が多いので気を抜けませんし、このルートで最もきつい箇所でもあります。
そんな時、こんな箇所に出くわすと疲れも吹き飛びます。
中央の岩のガレ場が登山道です。帰り道は転倒に注意しなければなりません。
   
                                    ソババッケ~大戸越の登山道
a0129233_12481819.jpg

  
大戸越に着いても誰もいません。
ミヤマキリシマの時には休息する場所も無いくらいに賑わいますが、今日は嘘みたいです。
平冶岳も静かに体を休めているようす。
東側斜面は紅葉していますが、西側斜面は紅葉がありません。
東側斜面の紅葉がソババッケから見える紅葉です。
 
大戸越から大船山の斜面に取り付きます。
この登山道は前半は歩きも問題ないのですが、後半北大船山付近になるとミツバツツジ等の低潅木の枝に足元を痛めつけられます。
前回凧さんと歩いた時に凧さんはズボンを引っ掛けられて破られるし、私は買ったばかりのズボンの織り目をささくれ立つようにされました。安物で良かったんですが・・・・。
そんなのがあって、その後使用しなくなったそのズボンと上は使用しなくなったウェアで万全の態勢で挑みました。
しかし、脚はやっぱりやられました。今も膝から下が小さな傷でヒリヒリしています。
   
朝男池を出発する時は雲が垂れ込め風もあって、折角今日を選んで来たのにひょっとしたらツイてないな~と思いながら歩き始めましたが、ソババッケを過ぎた辺りから日が射し始め大戸越で空が見えた時にはすっかり晴れ渡っていました。
  
途中ですぐ隣の平冶を見ると登り登山道に2人が登っているのがわかりました。今頃平冶で珍しいな~と・・・それなのにこちらの登山道は1人ッきり。
   
                                      登山道から平冶をバックに   
a0129233_12493427.jpg

   
低潅木の足許攻撃に悩まされながらも北大船近くの平坦な歩きに入ると大船山が見えます。
山一体に紅く色づいているのがわかります。
山頂には大勢の登山者の姿が米粒大に見えます。疲れた脚も急に軽くなった感じ。
  
a0129233_12511454.jpg

  
大船山へ11時10分到着。男池よりちょうど3時間でした。
期待した通り御池の紅葉は見事でした。
山頂から御池の淵に下りてゆっくり腰をおろしてランチタイムと紅葉鑑賞。
一眼レフの撮影で4・5人くらい。その他休憩鑑賞の登山者が3,4人。
山頂は少し賑やかでしたが、ここは別天地のような静かさです。
    
a0129233_12521595.jpg

   
a0129233_125322.jpg

   
a0129233_1257399.jpg

   
a0129233_13384216.jpg

  
ぼんやり眺めていてふとここでスケッチが出来たら良いな~と。
皆んな撮影と鑑賞に夢中で、ここでスケッチをしても誰も気づくまいと思いましたが、スケッチブックは持ってきていません。
そうだ小さな手帳に描けるではないかとザックから手帳を取り出してチョコチョコッと・・・。
手帳が小さな掌サイズなのでメインの岩を描いたらもうスペースは残り僅か。
でもここで描いたということが嬉しかった。
左利きではありませんが、右手を使うと影が大きく入るし左手でシャッターは押し辛く、こんな格好になりました。
  
    
a0129233_13432374.jpg

   
                   もう少し鮮やかな色の紅葉なんですが・・・・(南東側斜面)
a0129233_13435149.jpg

  
                                            段原、米窪方面
a0129233_1344152.jpg

  
帰りの登山道で朝は眼にしなかったリンドウがいっぱい顔を出していました。
   
a0129233_13472639.jpg

  
15時5分男池到着。2時間40分の下山の旅でした。
殆んど一人歩きで、ソババッケで4・5人下から平冶の紅葉を撮るカメラマンと出逢っただけでした。
思う存分きれいな空気と紅葉と静かな樹林、静かな雰囲気を楽しみました。
 
a0129233_1737558.jpg

実物の方が岩の雰囲気が出ていると思うんですが・・・・。

北大船山から大戸越に下る途中で登山道に腰をおろして三俣山をスケッチしました。
麓の坊ヶツルがイマイチでしたのでそこをカットしたらやっと三俣山らしくなりました。
  
a0129233_0403985.jpg

  
こういう登山も良いね!!
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-21 16:11 |

もう一つの平尾台

平尾台の貝殻山で集合写真を撮りました。
タイマーを設定して撮りましたが、山頂は枯れ草が生い茂ってレンズと被写体の間にも遠慮なく介在し、撮った後のディスプレイには何やらその姿が写っていました。
その画像を見た豊津の信ちゃん・・・・「これくらい大丈夫・・・」
そして頂いた画像には堂々と写る枯れ草が・・・・。
これ枯れ草には見えませんね。          (画像:豊津の信ちゃん提供)   
a0129233_23463633.jpg

     
貝殻山の次は天狗岩です。
草原状の山に堂々と聳え立っているように見え、下から見上げるその姿はなかなかなもんです。
ッでこの天狗岩へ登ります。
豊津の信ちゃんとHiroさんとで何やら会話があったようですが、私には聞こえていません。
登るのは正面からではなく、少し側面へ巻いたところから登ります。
信ちゃんに続いてHiroさんが登ります。下から見てるとHiroさんへっぴり腰です。
これを見て今年黒岳の天狗岩であったハプニングを思い出しました。
もっと面白い記述はこちらにあります。 
a0129233_23473168.jpg

   
とりあえず登って下でレンズを構える豊津の俊ちゃんへ手を振って応えています。
                               (画像:豊津の信ちゃん提供)
a0129233_23475843.jpg

   
Hiroさんの岩を抑える右手が気になりますね~。右肩にかなり力が入っているように感じるのは私だけでしょうか。
左手はピースしているつもりでしょうかね~。
手が上がりません(笑)
                                  (画像:豊津の信ちゃん提供)
a0129233_23482484.jpg

   
実はこの直前に帽子を風で吹き飛ばされました。
しっかりと帽子を押さえていますね。
a0129233_23485259.jpg

   
次の桶ヶ辻へ登る時に振り返って眺めた天狗岩です。
                               (画像:豊津の信ちゃん提供)
a0129233_23493714.jpg

  
  
今回の私のお気に入りの画像です。
白いセンブリ。 
a0129233_2350659.jpg
 
    
ムラサキセンブリ
蕾の半開き状態を見れたことがなかったもんで・・・・。 
a0129233_23504733.jpg

  
ナンバンギセル
佐賀の橿原湿原で今年8月に見ました。 
a0129233_23511050.jpg

  
平尾台山野草散策動画をどうぞ
  
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-18 23:55 |

もう一つの天山

10月3日は天山へ花散策でした。
9月17日以来ですから約2週間振りです。
2週間の間に山野草も少し入れ替わってタンナトリカブト、センブリ、ムラサキセンブリ等が盛りでした。
ルーペを持ち歩くようになってミクロの世界を覗く楽しさと、もう一つこんな使い方を試してみました。小さい花を撮るのはなかなか難しいです。そこで被写体とデジカメの間にルーペを介して撮ってみたら案外うまく撮れる場合があります。
  
小さなツルリンドウで試してみます。
a0129233_1228107.jpg

案外うまく撮れました。
a0129233_12291243.jpg

 
センブリ これもルーペを使用しています。 
a0129233_12312172.jpg

 
タンナトリカブト 天山では今が見頃ですが、昨年よりも少ないとか。 ルーペは使ってません(笑)  
a0129233_12314924.jpg

   
ムラサキセンブリ 今回最もお気に入りの画像です。
a0129233_12364737.jpg

   
ランチタイム後、馬しゃんによるストレッチの講習です。
先ず馬しゃんから手本を。
a0129233_12385548.jpga0129233_12391741.jpg
      
    
じゃ~私も。                    私も・・。
a0129233_12422238.jpga0129233_12424742.jpg
   
    
ほんじゃ~わしも。                おっととっと・・・・・。
のどかさんはどうしたんですかね~?
a0129233_12453834.jpga0129233_12455688.jpg
   
楽しい愉快な一日でした。

10月3日天山花散策の動画へご案内
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-05 12:55 |

花畑園芸公園

少し晴れ間が覗きましたので花畑園芸公園を訪れました。
よく立ち寄るのは熱帯果実の温室です。
今時はどんな熱帯果実があるんでしょうか。
   
a0129233_17445610.jpg

  
パパイヤの花(分布=熱帯アメリカ 亜熱帯ノ代表的果実)
a0129233_17455579.jpg

  
バンレイシ(分布=西インド、インド、マラヤ お釈迦様の頭に似た果実) 
a0129233_17463520.jpg

  
ドラゴンフルーツ(サボテン科)
a0129233_17471562.jpg

  
ゴレンジ(分布=熱~亜熱帯 果実に酸味がある、切ると横断面は星のような形) 
a0129233_17481254.jpg

ゴレンジの花
a0129233_17484580.jpg

  
トゲバンレイシ(分布=西インド諸島 果実は小児頭大で甘酸っぱい)
a0129233_17492298.jpg

  
クミスクチン(ネコノヒゲ)
a0129233_1750574.jpg

  
果樹園へ行ってみました。
姫リンゴがたわわに実をつけています。売店で一皿150円で購入。
右は無花果です。今の時期は我が家の朝食の常連です。
どちらもカラス避けに張ってあるネット越しに撮りました。
a0129233_20163928.jpga0129233_2017631.jpg
左はリンゴです。右はザクロです。
a0129233_1881186.jpga0129233_1893622.jpg
[PR]

by tarohazuki8580 | 2009-10-01 20:21 | その他