今朝の朝刊記事から  2012年5月20日

今朝の地方紙(西日本新聞)でこんな記事が掲載されました。
上には上が居るもんですね。
まだまだへこたれられません。
a0129233_13153730.jpg


ついでに今朝のNHK英語ニュースから
「73歳日本人女性がエヴェレストの山頂に立つ」という記事です。

73-year-old Japanese woman reaches Mt. Everest top

A 73-year-old Japanese woman has renewed her own record to become the oldest woman to scale the world's highest peak, Mount Everest.

Her supporter, a travel agency in the Nepali capital Katmandu, says Tamae Watanabe informed it on Saturday that she successfully reached the summit of Everest with a Japanese photographer and 3 sherpas, and that they all are in good health.

Watanabe and her party members started climbing the mountain from a base camp in China's Tibetan autonomous region in the middle of last month.

On their return route, they are planning to descend to a more-than-8,300-meter point to take a rest.

They will re-enter the Tibetan autonomous region before arriving in Katmandu late this month.

Watanabe's alpinist friend Akiko Imada said she is very glad that Watanabe made her dream come true as she had always talked about climbing Everest again.

Imada said Watanabe broke her back after her achievement 10 years ago and was unable to take part in full-scale mountain climbing for a few years.

She said Watanabe is the type of person who goes to a lot of effort to accomplish her goal without publicizing her plans.

Watanabe was given the Naomi Uemura Adventure Award, the prize for international adventurers, in 2005, 3 years after she set the record for the world's oldest woman to have scaled Everest.

May 19, 2012 - Updated 13:19 UTC (22:19 JST)

China's Tibetan autonomous region ⇒中国チベット自治区(だと思います)
[PR]

by tarohazuki8580 | 2012-05-20 13:44 | 山関連

秋月散歩 2012年5月16日

今日は急に暑さが増して27度の予報、昨日よりも4度も暑い。
昨日までの長袖を半袖にして秋月へ行ってきました。

駐車場の車はほんの数台、ガラ空き状態。
つい最近の桜とGW時にはさぞ大賑わいだったと思います。
早速、杉の馬場通りを歩きます。
杉の馬場通りへ入って直ぐの小さな橋から山側の野鳥川の流れです。
以前はこの流れの中でコイのお宿があって数匹流れで泳いでいましたが、数年前の豪雨以来見なくなりました。
a0129233_16464887.jpg


振り返って山側から視線を下流へ移すとこんな感じです。
a0129233_16474157.jpg


杉の馬場通り
桜の時期はトンネルになって見事です。
今日は静か過ぎるほどの静寂な通りに変身していました。

この通りに面する茶店で何時もの通りソバと葛餅で腹ごしらえ。
もう何十年もの同じメニュー。
変わり映えしませんね。
a0129233_16482710.jpg


瓦坂(瓦を縦に並べて土の流れを防いでいる)
a0129233_16491536.jpg


秋月城長屋門
a0129233_1650929.jpg


この鳥居を潜って石段を上がると秋月城本門(黒門)
a0129233_1651057.jpg


秋月城本門(黒門)
a0129233_16514783.jpg


黒門を潜ると紅葉の名所
a0129233_16534388.jpg


紅葉時は石段方向へ進んで見事な紅葉を愛でますが、今日はそのまま進んで数分先の秋月天満宮を訪れました。
秋月天満宮
a0129233_16542640.jpg


天満宮から戻って杉の馬場通りを離れ秋月の町中を歩きます。
よく催し物が行われる場所でレトロ市が開かれていました。
a0129233_16551376.jpg


お気に入りのビューポイントです。
正面にちょっとだけ山頂が突き出て見えるのが古処山。
右側は屏山だと思いますが・・・・。
どちらも随分ご無沙汰しています。
a0129233_16555921.jpg


秋月の玄関口「眼鏡橋」、まぁ~秋月の表札みたいなもんでしょう。
a0129233_16565245.jpg


眼鏡橋付近に酵母パン屋さんが管理する樹木と花のガーデンへ寄りました。
今は花が少ない時期のようでした。
a0129233_16571718.jpg


秋月の街中を走る車道を歩いて駐車場へ戻ります。
静かな静かな一日でした。
a0129233_16573261.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2012-05-16 18:16 | その他

志賀島 勝馬海岸周辺散歩 2012年5月12日

今日は糸島半島を走って芥屋の海岸を散策するつもりでしたが、唐津方面に波浪注意報が出ていましたので志賀島勝馬海岸周辺を散策しました。
勝馬の海岸も風が強く海岸を避けて国民休暇村周辺や自然散策路の方を歩きました。

勝馬海岸 志賀島へ向かう車は多く走っていましたが風が強く海岸の人影はまばらでした。
a0129233_16512082.jpg


風が当らない自然観察路の方から国民休暇村や海岸線を振り返った景色です。
a0129233_16515941.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2012-05-12 16:57

福岡城址・舞鶴公園(芍薬) 2012年5月10日

福岡城址・舞鶴公園の芍薬鑑賞です。
某テレビ局が取材していました。
今日は少し肌寒かった。
a0129233_22293288.jpg


a0129233_22302420.jpg


a0129233_22312452.jpg


a0129233_22331121.jpg


a0129233_22322427.jpg


a0129233_2234588.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2012-05-10 22:52 | その他

観世音寺周辺散策 2012年5月1日

日本列島は春のゴールデンウイーク真っ最中ですが何の関係もありません(笑)
何も予定なし、予報はあまり良くなかったけど雨が降りそうでもないのでちょっと観世音寺周辺でも歩いて新緑の英気でも吸ってくるか・・・・・と出掛けました。

旧コスモス畑から宝満山を望みます。
黄色い花はウマノアシガタでしょうか。
これが山の斜面ならワンサカ登山者が押し寄せそうですが、ここでは雑草扱いでしょうね。
a0129233_2143670.jpg


観世音寺の参道
a0129233_2113097.jpg


参道の先には観世音寺
a0129233_21141454.jpg


境内の中にはフジが見頃を迎えていました。
手前の柵の中から根幹が出ています。
a0129233_21152840.jpg


a0129233_211636100.jpg


観世音寺の隣にある戎檀院
a0129233_21224455.jpg


境内でスケッチを楽しむ人
贅沢な余暇の過ごし方です。羨ましい。
a0129233_21254918.jpg


今年最初に見たシャクナゲ
a0129233_21275170.jpg


今日は御笠川の桜並木を散歩しながら太宰府参道まで歩き、そこで引き返し裏道を歩いて観世音寺周辺を散策しました。
ゴールデンウイーク中とはいえ天満宮の駐車場はガラ空き、歩きはしませんでしたが天満宮の参道の人出も普通の休日のような感じでした。お陰で周辺を歩く人も居ず静かな散策が出来ました。
[PR]

by tarohazuki8580 | 2012-05-01 21:40 | その他