花畑園芸公園梅見物 2013年2月28日

今日は晴天で最高温度が17度の予報。
午前中は未だ肌寒さが残る感じでしたが、予報通り午後からポカポカ陽気。
梅も見事に咲いていました。

休憩所(旧売店)横のしだれ梅
a0129233_2039237.jpg


a0129233_20395243.jpg


梅園(ほぼ満開でした)
a0129233_20401230.jpg


a0129233_20403755.jpg


a0129233_20405121.jpg


楊貴妃
a0129233_2041186.jpg


a0129233_20412912.jpg


a0129233_20423100.jpg


a0129233_20422058.jpg


a0129233_20424862.jpg


a0129233_2043180.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2013-02-28 20:48 | その他

宮地嶽神社開運桜 2013年2月24日

テレビで宮地嶽神社の〇〇桜の開花が報道されたので早速出掛けて来ました。
昨日福岡市内では中国からの空気汚染物質PM2.5の基準値が国の定める基準値を超えましたが、今日はその影響も無くまだ少し肌寒いですが真っ青な空が広がりました。

宮地嶽神社
左方の山は2003年10月に登った宮地山です。
a0129233_187736.jpg


境内に入った瞬間、自分がイメージしていた風景とは全く異なっていました。
ここに咲くのは寒緋桜。
未だ蕾ばかりでした。
a0129233_1873444.jpg


蕾も全体で数輪だけ、やっと撮れました。
a0129233_187545.jpg


どうやら、こちらの桜と勘違いしたようです。
こちらの桜は「開運桜」
報道されたのはこちらの桜のようでした。
a0129233_1882322.jpg



a0129233_189465.jpg



a0129233_1892769.jpg


神社の裏ではもうスミレが開いています。
a0129233_1894413.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2013-02-24 18:25 | その他

舞鶴公園(福岡城跡)の梅 2013年2月13日

未だ朝晩は寒い日が続きますが、今日は朝から晴天です。
数日前の暖かさで思い切り開花したかと思いきや、また寒さが戻りました。
それでも開花は進んでいる筈と思って舞鶴公園(福岡城跡)の梅見物に行ってきました。

やはり最初は少し寒さを感じましたが、風がなく歩くうちに気温もポカポカ。
梅は七分咲きといったところでした。
見物客もボチボチ、長閑な梅鑑賞を楽しみました。

梅見物前に先ずは腹ごしらえ。
大濠公園のボートハウスで公園の景色を眺めながら昼食。
何故か相方の方が200円高い昼食(笑)
a0129233_16451993.jpg


大濠公園の牡丹園の斜面には日本水仙が満開
a0129233_16511824.jpg


舞鶴公園(福岡城跡)の梅
a0129233_16571371.jpg


a0129233_16573971.jpg


a0129233_170722.jpg


a0129233_16582829.jpg


a0129233_1703929.jpg


a0129233_1711283.jpg


a0129233_1712861.jpg


a0129233_171508.jpg


a0129233_1723456.jpg


a0129233_1725277.jpg


a0129233_1731251.jpg

[PR]

by tarohazuki8580 | 2013-02-13 17:09 | その他

野村望東尼山荘の梅 2013年2月2日

a0129233_14361477.jpg


a0129233_14365779.jpg


a0129233_14371396.jpg


a0129233_14373134.jpg


a0129233_14375140.jpg


a0129233_1438521.jpg


a0129233_14381953.jpg


a0129233_14383461.jpg


今日のNHK WORLD Englishより
中国・北京での空気汚染が問題視されていますが、我が福岡市にも偏西風に乗って汚染の影響が心配されるところです。
福岡市では今年の夏から汚染情報をメーリングシステム( a disaster-prevention e-mailing system)等を通して市民に知らせるそうです。
ディーゼルからの排出ガスや工場からの煙に含まれる汚染物質PM2.5濃度のものは喘息や気管支炎を引き起こすとのこと。
気をつけましょう!!

Fukuoka beginning forecast on pollution from China
As air pollution in China gets worse, Fukuoka City in southwestern Japan will begin forecasting the density of polluting substances coming from China. The city will begin alerting residents as early as this summer and will call on them to be cautious.

Air pollution in Beijing remains a serious issue. The density of PM 2.5, which is fine particulate matter contained in diesel exhaust and industrial smoke, has reached more than 20 times Tokyo's annual level. The particles can cause asthma and bronchitis.

As the air-polluting substances could be carried by westerlies from China, people in Fukuoka City have been voicing concerns about the potential effects on their health.

Fukuoka City already has 6 particle-measuring posts. It plans to set up 3 more posts at different locations. The City officials say the goal is to establish health standards after hearing opinions from experts.

When the amount of polluting substances in the air is forecast to exceed the standards, residents will be urged to take precautions with messages sent through a disaster-prevention e-mailing system.

Fukuoka City officials say they are the first in Japan to start forecasting air pollution caused by polluting substances coming to Japan from China.
[PR]

by tarohazuki8580 | 2013-02-02 14:40 | その他