英彦山のオオヤマレンゲ 2017年6月14日

14日は昨年11月以来久しぶりの英彦山を訪れた。勿論今時はオオヤマレンゲが主目的。自分が知る限りではオオヤマレンゲが咲く箇所は5ヶ所。欲張りな気持ちで山友さん達のブログをあれこれ見比べながら全ての箇所で均等に観れる日を検討。今年は少し例年よりも遅いように感じたので昨年10日だったのを今年は14日に歩くことにした。結果は毎年同じことの繰り返しだが場所や標高の違いがあり全て同じ状態で観れることは難しい。場所によってはすでに茶色化したものが相当含まれる樹もあった。
幸いにも今年は全部の樹でオオヤマレンゲを観れた。空振りが多かった中岳下の岩の隙間の箇所にも蕾が多かったけどちゃんと咲いていた。
画像のオオヤマレンゲは溶岩の壁で撮った画像。花数はそれほどなかったが登山道側から手短に撮れるのが多かった。

a0129233_16410687.jpg





ベニドウダンは北岳から下りた直ぐ近くに見事なのを例年観てきたので今年もと思ったら姿がなかった。それでも中岳下の岩場に入ったらベニドウダンがいっぱい。

a0129233_16414321.jpg




オオヤマレンゲばかりに気が行くがこのブナ林の景色も今時の英彦山訪問の楽しみのひとつ。いつ見ても美しい景色に今日は行者堂のオオヤマレンゲの帰りにはまたまた中岳へ戻ってこの景色を眺めながら豊前坊へ戻った。英彦山のブログでこのブナ林がアップされているのは少ないような気がする。こんなに美しいのにな~!!

a0129233_16421357.jpg

先ほど高校時代の友人からメールが入り、夫婦で英彦山に登ったとか。友人は12時半頃オオヤマレンゲを鑑賞しながら昼食だった様だが自分は中岳で昼食をとって豊前坊へ下り始めたのが12時35分。微妙な時間差だが友人は北西尾根で下りたようだから出会えなかったようだ。少しでも歩くコースがダブれば出会えたかもしれない(残念)




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-16 18:46 | 山関連

平尾新池のカルガモ等・・・ 2017年6月123日

昨日は少し遅めだったが近くの平尾新池に水蓮がいっぱい開いているので行ってみようというということになった。我が家から平尾新池まで歩いて15分程度で感覚的には遠く無い。この付近は緑が多くて閑静な住宅街だが我が家からの途中には坂道が多い。丘の上に住宅が建ったようなもので道がかなり入り組んでいる。一つ道を間違えるととんでもない方向へ進んでしまう。
以前はよく散歩で歩いていたがここ数年は歩いていなかった。あっちだこっちだと言いながらやっとたどり着いたら水蓮はもうとっくに花弁を閉じていた。画像ではわかり難いが白い花弁はびっしり点々としている。開いていればさぞ素晴らしい光景だろうと思ったが後のまつり。舞鶴公園の濠では何回も経験しているのにこのありさま。

でも新しい収得もあった。画面に赤茶けた小さな群落が映っているが、これは国内では珍しい希少植物ツクシオオガヤツリの群落らしい。
案内の掲示板があったのでその説明を写し取ったので以下その説明文
このツクシオオガヤツリの自生地は平成16年度の平尾新池の整備に際して整備したもので日本では最大の群落である。
明治39年(1906)9月1日世界で初めて発見された福岡城(舞鶴公園)のお堀の自生地は福岡県指定の天然記念物である。日本では希少な植物で国や県のレッドデータブックに掲載されている。

a0129233_15182314.jpg




はっきりとは言えないがこれは群落から外れた箇所で撮ったものだが、これがツクシオオガヤツリなるものに違いないと思ってアップしてみた。

a0129233_15195385.jpg






水連の葉っぱの上でゴチョゴチョ動くものがあるので何だろうとよ~く見るとカルガモの親子だった。そういえばここ数年舞鶴公園南側の池で市民の眼を楽しませてくれたカルガモが全く姿が見えなくなっている。今の季節に南側の池を覗く度にあのカルガモ達は何処に行ったんだろうと思っていた。ひょっとしたらこの池に移動してきたんかな~と・・・・思う。

a0129233_15204654.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-13 16:05 | その他

油山市民の森 2017年6月10日

10日の油山市民の森は6日前に歩いた時にはそれほど眼に付かなかったヤマツツジが満開だった。

a0129233_20434583.jpg



市民の森を歩き始めると立派な車道を思わせるような道沿いがやたらときれいさっぱりに感じる。よく見ると道路沿いに沢山咲いていたヒメジョオン等の雑草類が完全に刈られている。
山の野焼きと同じようにこうやって雑草を刈れば次の季節には新しい花が咲くんだな~と自分に納得させながら先へ進んだ。
先へ進むと人間の手が届かないところにはいっぱいヒメジョオンが元気な姿で見下ろしている。oh~ッ元気かとシャッターを押しながら尚も進むと事務所から遠く離れた所には群生をなして出迎えてくれた。たかが雑草なんだけど雑草には親密感を感じる。今回もヒメジョオンに何回も何回もレンズを向けた。

a0129233_21424308.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-11 22:14 | その他

我が家のアジサイ 2017年6月10日

我が家のアジサイが成長し色も濃くなって今が最高のようだ。女房によればこれが今年の最後かもしれないという。早速カメラを持ち出して晴れ姿を撮っておいた。

a0129233_14210336.jpg





a0129233_14212764.jpg




[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-10 14:38 | その他

大宰府天満宮の花菖蒲 2017年6月8日

太宰府天満宮の花菖蒲が七分咲きと花便りに掲載されたので早速出かけてみた。七分咲きとあったが見た感じではほぼ見頃の状態だった。沢山の見物客が訪れて花菖蒲鑑賞を楽しんでいた。

a0129233_22234680.jpg



観世音寺の花菖蒲も楽しみにしていたが、こちらは例年よりも花数が少なく今年は少し寂しい。昨日の雨にも関わらず菖蒲の池はカラカラ状態。しかし、観世音寺の裏手にある菖蒲園は賑やかに咲いていた。
観世音寺から散策を兼ねて御笠川沿いを歩いて天満宮向かったが大駐車場には観光バスがこんなに詰まっていた。バスの殆んどが中国、台湾などアジアからの観光客。夏場を迎えて観光シーズンは終わったものと思っていたがまだまだ日本への観光ブームは続いているようだ。

a0129233_22250770.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-08 22:57 | その他

筥崎宮アジサイ園 2017年6月5日

筥崎宮のアジサイ園へ行ってきた。テレビで筥崎宮と隣接する恵光院の菩提樹が見頃を迎えた事を知り早速出かけてきたが本当のお出かけの目的は筥崎宮のアジサイ鑑賞。
恵光院の菩提樹を観た後アジサイ園へ入ろうとしたら入口の横側からアジサイ園の一部が見えていた。一見花の色が見当たらないな~と思いながら覗いてみると開いているアジサイの数が少ない。ちょっと寂しすぎる感じがしたが折角ここまできたので入ってみることにした。
ここ数年毎年アジサイの頃には訪れているが今年は同じ時期にしては花数が少ないようだ。入口では5~6分咲きと表示してあった。
実際に入園してみるとやはり花数が少ない。しかしメチャクチャ少ないということでもない。満開の時は花数の多さにあれこれ目移りばかりしていたが、今日はじっくり鑑賞する事ができた。見物客も少なくゆっくり気分で撮影タイムを楽しんだ。

a0129233_14200997.jpg




      キョウカノコ 山で出逢うカノコソウだと思ったが・・・・(笑)

a0129233_14212246.jpg




  アジサイ園を出た後、近くの関連する花庭園へ寄った。今はユリの花が最盛期。
  ユリといえば黄色かオレンジ色が先ず頭に浮かぶがいろいろな品種のユリが開いていた。

a0129233_14221617.jpg


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-06 14:53 | その他

福岡アクロスでの九響コンサート 2017年6月3日

昨日3日は福岡アクロスでの九響コンサート。今期から夫婦で福岡アクロスの会員になったのでアクロスでのコンサートは可能であれば優先的に割引価格でチケットを購入できるようになった。ッで昨日はその最初のコンサート。この先7,8,9月まで好きなコンサートの前売りチケットも購入。

ここ暫く音楽鑑賞とは縁遠くなっていたが若い時に好きでよく聴いていたムードミュージックの楽団を思い出してみた。
マントヴァーニ、フランクチャックスフィールド、アルフレッドハウゼ、パーシーフェイス、ビリーヴォーン、グレンミラー、ベニーグッドマン、ポールモーリア等々。未だいっぱいあるが後期高齢者故楽団名がなかなか出てこない(笑)
マントヴァーニとグレンミラーは福岡公演で聴衆したことがある。
マントヴァーニのシャルメーヌはドウナツ盤で何回も聴いていたのが、ここで生の演奏が聴けてると思ったら感激で涙がポロリと頬を伝わった。

今日油山市民の森を歩いて撮ったハルジオン。ツツジをバックに撮ったら良いムードフラワーになった(笑)

a0129233_22544890.jpg

蛇足だが福岡アクロス山へ登ろうかと思ったが、今年新春コンサートの時に登っているし、さすがに暑くなって夏場は登る気にはならなかった。


[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-04 22:58 | その他

我が家のセントポーリアがまた開いた 2017年6月3日

部屋の片隅で育つ小さな鉢のセントポーリア群にまたまた別の鉢のが花を咲かせていた。
最近は植物園、舞鶴公園等の派手なバラやハナショウブのマクロ撮影に注意が行って鉢に咲く小さなセントポーリアには目が行き届かなかった。気づかない内にもう一つの鉢で2輪花を咲かせていたのだ。早速昨日届いた三脚ならぬ一脚でブレ防ぎして撮ってみた。
初めての一脚撮り、何となく心臓の鼓動が意に反して一脚にドクドクと伝わる。思い切って何枚かシャッターを押したが歩留まり20%くらい。

a0129233_18211759.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2017-06-03 20:30 | その他