再び城山へ

6日間連続ゼロが続いた城山ウスキキヌガサタケは雨が降ったこともあり11日、12日と2日連続開きました。それならばとはせ参じたたわけですが、そうは簡単に問屋がおろしてくれません。
早速下りてくる登山者に尋ねると皆さん「今日は見なかったね~」
それでも必死に周囲をキョロキョロ見廻しながら進みましたが見当たりません。
時々黄色の葉っぱが我が心をハッとさせます。だが・・・それは妄想みたいなもの。
  
登山口付近のウバユリだけが、慰めてくれているようです。
  
a0129233_18194041.jpg

   
結局、ウスキキヌガサタケに出逢えないまま山頂へ到着。
ベンチには歩く唐津街道さんが休息中。
早速、いろいろとお話を伺いましたが、暑くなるとキノコの出も悪くなるそうです。
   
今日は北九州からの夫婦も横のベンチへ。
朝出るときに今日は見れますようにと仏壇にお願いしてきたそうですが残念でした。
山頂へ到着の皆さん、少しがっかりの様子。
    
帰りは自然道(周回)を下りました。
昨年、ツチアケビとタマゴタケが開いていた所にはタマゴタケが開いていました。
しかし、開き方がちょっとイビツ。
ちょっと風刺的なコメントを入れたいんですが止めときます(笑)
  
a0129233_1845463.jpg

   
結局、自然道にもウスキキヌガサタケは見当たりませんでした。
  
一般道へ出て登山口へ戻り、今度は白のキヌガサタケを見に竹林へ向かいました。
竹林では二人連れの男女がキヌガサタケ鑑賞中でした。
   
a0129233_21193013.jpg

  
男性は一眼の3分間隔自動シャッターでアニメをつくるとか。面白い撮り方もあるものだ。
レンズの先の対象物はこれです。
ミニスカートになる直前の産声をあげるところです。
見た目にはなかなか開きが進んでないように見えますが、3分間隔のカメラ画像では進んでいるのがはっきりわかるそうです。
私も開くまでお付き合いしたかったんですが、あと2時間くらいはかかりそうでしたので失礼させてもらいました。
  
a0129233_21285671.jpg

   
他に朽ちたのも除いてまともなものは2個くらい。
5日に見た時より極端に数が減っていました。
今日は静かでしたね~。
  
a0129233_21325373.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-07-13 21:39 |

城山のキヌガサタケ

5日山友と宗像の城山へウスキキヌガサタケ鑑賞登山へ出かけました。
昨年は6本見れました。その数日前に行った山友連中は13本も見ています。
  
最近は日に数本(1~3本程度)が普通のようです。ゼロの日もいっぱいあります。
見れるか見れないかはその日の運頼みですね。
大変有名になって遠方から来る方も多いようですが、わざわざ来たのに見れなかったという方、数年来来ているけど今年もダメだった方も多いようです。
ところが、ウスキキヌガサタケの存在を知らずに城山へやってきて、たまたま出くわしてその存在を知ったというラッキーな方もいます。
鑑賞中に登山道を歩く方から「それ何ですか~?」と尋ねられたことがよくありました。
  
開く時刻も問題です。開く時刻はマチマチです。従って何時頃に来れば見れますということはありません。登りでは見当たらなかったけど下山時に見れたというのはよくあります。
そこで、どうしてもウスキキヌガサタケに逢いたいと思われるならば、早朝(7時~頃)に来て山頂まで何回か往復されれば見れる確率はグ~ンと高くなります(開いた場合に限りますが)。
山頂まで30~40分で行けますからそんなにきついものではありません。
それか、ウスキキヌガサタケは一般道によく顔を出しますが、もう一つの道・自然道でも開きますので、ぐるっと周回して見るチャンスをうかがうのも良いでしょう。
  
昨年はこのやり方でミニスカートから完了まで約1時間の過程を観察することが出来ました。
  
それと、もうひとつ。下りてくる登山者に尋ねるのが良いですね。出逢えた方は満足感でいっぱいですから、他人へこの喜びを伝えたい気持ちから詳しく教えてもらえます。
たまには教えてもらった箇所と実際の場所が違うこともありますから、後は自分の眼で探しましょう。
  
立派なものが開いていたら、そこには見物者がいっぱいいます。ワ~ッという感嘆のざわめきが聞こえたらもう間違いありません(笑)
  
あいにくと私達が行った5日~昨日7日までゼロ本のようです。まだまだチャンスはあります。もう一度行ってみようと思っています。
  
ところで、ウスキキヌガサタケ(黄色)には出逢えませんでしたが、キヌガサタケ(白色)には出逢うことができました。竹林へ行く林道の途中に一つだけポツンと開いていました。
これは途中で出逢った登山者からの情報でした。
大きくて立派なものでしたが、裾の方が小枝に邪魔されてスカートが開けない状態でした。
何年か前、何処かの国の外務大臣が更迭される時に言ってましたね。「一生懸命前へ進もうとするけど、誰かが私のスカートの裾を踏んづけて前へ進めないんですよ~」。
このキヌガサタケを見てふっとその事を思い出しました。
ただそれだけ・・・・・・。
  
ブログだけご訪問の方はここから動画をご覧ください。 平成21年の動画 
  
平成20年のウスキキヌガサタケの動画
   
a0129233_11365140.jpg

  
[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-07-08 11:43 |

井野山

先日Haruさんから宇美町に低山(236m)ながら山頂から360度の素晴らしい景色が楽しめる井野山があると聞いていました。
場所は自宅から昭和の森へ行く途中にあるということで、それなら自分でも手軽に行けそうなので、機会があったら登ってみたいと思っていました。
そこにHaruさんのブログで先日登ったレポがアップされました。
登山口までの道順も画像入りでわかりやすく説明されています。
  
早速、行ってきました。
宇美商業高校入り口の信号から鳥居方向(山側)へ入って100mくらい先左側に井野公園の駐車場と広場があります。立派なトイレもあります。
  
a0129233_15435839.jpg

   
山頂へは公園の先に車道が走っているようですが、ずっと車道歩きでは面白くありませんからHaruさんのレポ通り、赤井手の集落から歩くことにしました。一端バス通りへ出て右へ進むと直ぐに赤井手バス停があります。バス停の先に集落へ入る道を右に入ります。
  
集落に入って直ぐの分かれ道を右へ、次の分かれ道で左へ進むと少しずつ山道らしくなります。
最初は竹林の薄暗い道ですが、その先には小さなみかん園や農家の手が入ったところもありました。
  
a0129233_15563886.jpg

  
杉林の登山道も歩きます。
   
a0129233_1661182.jpg

  
その後、少しずつ傾斜を増します。でもそんなに急登ではありません。結構蒸し暑かった。
15分ほどで案内に従って右へ進みます。
小さな案内には「赤井手の登山口〇〇m」「鉄塔横を通り林道へ200m」とありますが、山頂への案内がありません。不思議に思いながらも林道へ200mへ向かいました。
  
a0129233_1618239.jpg

   
そして出たのがこのガード板がある林道(車道)でした。道標も何もありません。恐らく車道ばかり歩いている人は、ここから登山道が走っていることは知らないのではと思いました。
ガードを跨いで山頂まで車道をテクテク歩きました。
  
a0129233_1632593.jpg

  
車道を進むとやがて広場みたいなところへ出ました。広場の先に石段があってそこを登ると井野山山頂です。
   
a0129233_16325248.jpg

   
山頂はまさに360度の大パノラマ・・・・と期待しましたが、今日はあいにくの曇り空。三郡山、若杉山、立花山などが遠く見えるはずでしたが、ほとんどガスの中。ひそかに期待していた難所ヶ滝も方向さえはっきりしません。ただ天気が良い日は素晴らしい眺めであることはわかりました。
今度は是非天気が良い日に来るつもりです。
  
山頂にはベンチが。
  
a0129233_16402429.jpg

  
遠くの山はガスでまったく見えません。
  
a0129233_16412036.jpg

  
帰りは林道(車道)を歩いてみました。立派な林道ですが井野公園から上は車は入れないようです。
赤井手集落から歩いたよりも数倍の距離を歩いたように感じましたが、勾配が緩やかで木陰になる場所が多いので夏の健康歩きには良いのではと思いました。
帰り道では5.6人の登ってくる方とすれ違いました。
   
a0129233_16532892.jpg

   
帰り道ではオカトラノヲが咲いていました。
   
a0129233_16563321.jpg

   
ちょうどぐるっと廻って1時間の歩きでした。
井野公園へ着いたら50代の女性が車道歩きで今から登るということでした。若い頃は全く足腰が弱くてどうしようもなかったということでしたが、ここの歩きで体調も良くなり今は歩くのが楽しいらしい。良いですね。
  
この方に赤井手からの歩きを話すと、もう何年もここを歩いているけど、そのルートがあるということすらご存知なかったようです。
 
[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-07-03 17:08 |

そろそろ城山・ウスキキヌガサタケ

梅雨に入り城山のウスキキヌガサタケが気になりますね。
このサイトでお馴染みの唐津街道さんのHPへ伺うと18日に最初の開傘が見られたようです。
しかし、その後は開傘の状況は数本出たり出なかったりの状況のようです。
これがここ数年の推移で当たり前なのでしょうが、昨年は当たり年だったようで、13~14本開傘した日もありました。
   
参考までに昨年(6月27日)の開傘状況をビデオに撮っていますのでご覧ください。
スカートが出だしてから大体1時間の状況です。
  
昨年(6月27日)の城山ウスキキヌガサタケ動画
   
午前10時:キノコの女王様もこの姿ではまだ恥ずかしいところです
a0129233_14322627.jpg

   
午前10時30分:スカートも丈が長くなってきました
a0129233_14353554.jpg

  
午前10時50分:ほぼ開傘の終了です。この後11時まで微調整で開きましたが画像には変化は感じられません。ただこの頃には小さな虫が付いてスカートを食べ始めました
a0129233_14431198.jpg

  
その時のギャラリーの光景です
a0129233_1446183.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-06-29 14:48 |

天気予報・・・大ハズレ

今日は天気予報大ハズレのため、お日さまが照る中で家に一日中閉じこもっていました。
予定が狂った方も多かったのでは・・・・ッと察します。
  
もう大分日が経ちましたが平冶岳ミヤマキリシマの仕上げ(仕上げとは程遠いですが)とはずきがトウモロコシが焼けるのを待つ動画があったので、編集してアップしました。
  
はずきとトウモロコシ

a0129233_0232663.jpg


a0129233_0253278.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-06-28 23:24 | はずきの話

GPSのその後×2

toshiyanさんの助言を頂いて網目のフィルターを上蓋へ付けてあるテストをしてみました。
昨日の宝満山へ携行すれば良かったんですが、近場の山はウェストバックで登りますから、GPSを携行するのは不便なので使用しませんでした。
  
そこで、自宅であるテストをしました。
それは電源を入れて何回もGPSに衝撃(?)を与えてみました。
これを5分間隔でやってみましたが電池は落ちません。
もともとただ置いたままですと電池がなくなるまで落ちませんでした。
それで落ちないのに山へ持って行くと「瞬断」が度々発生するので自分でも対処の仕方がわかりませんでした。
  
どうやらこれで「瞬断」の発生は解決しそうです。
Haruさん、toshiyanさん 有難うございました。
  
でも最新のが羨ましい、欲しい。 でも勿体無い(笑)
[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-06-27 11:35 | 山関連

宝満山~長崎鼻

明日から暫く天気がぐずつきそうです。
今日も近場の宝満山へ登ってきました。
  
神社の駐車場で登山靴へ履き替えていたら、車が1台入ってきました。
自分の車に似ているな~と思っていたら、その車から出てきた人は以前シェルパの山行と個人で宝満山で時々バッタリお逢いしていたNさんでした。
   
今日はNさんと一緒に登りました。
Nさんは最近宝満山へよく登られているようで、行きかう登山者には知り合いばかり。
  
蒸し暑かったけど真夏の暑さではありません。まぁまぁのペースで登れました。
7合目の石段では何時ものように一段一段登りながらカウントを数えました。
今日の画像は携帯ですから、画面が少し粗いです。
a0129233_1814322.jpg

  
8合目の中宮ではアジサイが咲いていました。
a0129233_18164445.jpg

  
8合目を過ぎて暫く進むと、これも宝満山ではよくお逢いするUさん。3人の方と途中の木陰で休憩を取っていました。
  
宝満山頂でNさんから山仲間3人の方を紹介して頂きました。
暫くすると北側からHさんが姿を現しました。何時も姉妹で登られていますが、今日はお一人で。
行者道を歩いて長崎鼻に近いところの縦走路へ出て宝満へ来たということです。
  
さて、今日は長崎鼻まで歩いて引き返しました。
長崎鼻にはヤマツツジが咲いていました。
 
a0129233_18333160.jpg

[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-06-26 18:35 |

英彦山のオオヤマレンゲ

昨日よりYouTubeへ動画投稿を始めました。
私等の動画では容量など全く心配しないでアップできますので、編集に楽な気分で挑めます。
まだ昨日初めてアップしただけで、細かい点は知らない点がいっぱいです。
これも回数を重ねて知識を増やすしかありません。
  
今日は14日に英彦山のビデオをオオヤマレンゲだけに限って編集してみました。
咲いていたコースは豊前坊~北岳~中岳~行者堂付近にありました。
最初の地点は「溶岩の壁」横にありました。
二番目は北岳の肩を過ぎた岩場の上(ロープ箇所)です。ここは見過ごしやすいです
三番目は中岳手前の岩の間です。 数は少ないですが格好よかったです
四番目は中岳から正面登山道を下りて産霊神社(行者堂)手前付近です。ここは数も多く一番見事でした。
  
クリック⇒英彦山のオオヤマレンゲ動画
 
[PR]

# by tarohazuki8580 | 2009-06-25 21:30